電話コンバージョン計測方法のまとめ

スマートフォン全盛の時代になりモバイル向けの広告が発展していく中、Adwordsやスポンサードサーチでも広告経由での電話コンバージョンを計測することができるようになりました。しかし、上記はあくまで電話番号をタップすることを前提にしており、PC広告に触れて電話するケースなどは計測できないのが現状です。

飲食、士業、旅行など緊急度が高いビジネスや地域密着型ビジネスなど商材によっては電話コンバージョンの方がウェブコンバージョンよりも多い場合もあり、広告施策経由での電話を含めた反響を計測しきれず、広告費用対効果を正しく評価できていないまま広告を運用している企業も少なくないのではないでしょうか?

下記は現在Adwords、スポンサードサーチで発表されている方法を参考に簡単に電話コンバージョンの計測方法を表にまとめてみました。

名称未設定

  • 電話番号表示オプション

管理画面上で電話番号表示オプションを設定

デメリット
どのキーワードで電話コンバージョンが発生したか分からない
1広告グループに1キーワードといったように電話コンバージョンを計測するために細かなアカウント構築が必要

  • 電話専用キャンペーン

Adwordsの広告管理画面から電話専用キャンペーンを作成

デメリット
電話が可能な携帯端末のみ表示
広告をクリックしてもウェブサイトにはリンクされない
ディスプレイネットワークへは配信されない

  • 電話オペレーターによるサイト内リンクへの誘導

サイト内に電話コンバージョンのリンクを設置
オペレーターがユーザーにリンクをクリックするように誘導

デメリット
人に依存するため正確に数値を取れないケースが多い

  • GAのイベントトラッキング

GoogleAnalyticsのJavascriptを設置もしくはタグマネージャーの利用

デメリット
タップベースの電話コンバージョンのみ計測可

  • 電話発信コンバージョン(Call as Conversion)

計測タグとonClickタグを両方設置

デメリット
タップベースの電話コンバージョンのみ計測可

  • ウェブサイトコールコンバージョン(日本未対応)

計測タグと電話番号を動的に変更するタグを設置

デメリット
発信者番号の特定は出来ない
電話番号は画像やボタンではなくHTMLテキスト形式に変更する必要

  • 電話計測システム

計測タグと電話番号を動的に変更するタグを設置

デメリット
ツールの導入費用がかかる
※計測タグの設置に関しては、新しい施策を始めるときには必ずと言っていいほど制作工数がかかるので上記には表記していません。

計測方法についてまとめてみましたが、電話コンバージョンはすべてが有効反響ではないため、計測をした後お問い合わせ内容を精査する必要があります。

例:電話番号を誤クリックしたことによる間違い電話
例:店舗へのアクセスを聞くために広告をクリックし入電

内容を精査することで実は新規のお問い合わせを増やしていると思っていたキーワードが違っていたことが判明し、出稿する広告文やキーワードも変わってくるかもしれません。

電話問い合わせの価値を把握することで、投資収益率を効率よく最大限に高めることができます。
今後スマートフォンの比率は確実に高まるので、まだ計測基盤を整えられていない方は早急に対応しましょう。

Comments are closed.